【衝撃事実】右と左の英語「Right と Left」がどっちか分からない時の対処法がスゴイ / 日本人の音楽家が発見

Right and Left


右の英語って「Right」と「Left」どっちだけっけ? 左の英語って「Right」と「Left」どっちだけっけ? 常識のごとく知っているはずのことでも、ド忘れしてしまうことがある。なかには「RとLがわからなくなる」という人もいるほど。でも、この方法で思い出せば、右と左の英語がすぐに思い出せるようになります。

・穴があるほうが右

右と左の英語、「Right と Left」がどっちか分からない時の対処法、それは非常に簡単。右は「Right」が正解。「右」には穴があり、「R」にも穴がある。そして平仮名の「み」にも穴がある。つまり、文字の形状に穴があるほうが右。

・音楽家の西山宏幸さんが発見

左は「Left」が正解だが、「左」にも「L」にも「ひ」にも穴はない。これさえ覚えれば、どうしたって右と左を間違えることはない。この事実を発見したのは日本人の音楽家、西山宏幸さん。彼はTwitterでこの発見を発表し、悪数の人が感銘を受けているようだ。



・非常に役立つ対処法なのは間違いない

人類は宇宙にまで進出するほどの頭脳とか学力を持っているが、右と左がどっちなのか、わからなくなることがある。ただでさえ右と左を忘れることがあるのに、右と左の英語をド忘れすることだって稀にある。そんなとき、非常に役立つ対処法なのは間違いないだろう。

・右と左の英語を忘れる人が激減する

ちなみに、右手と左手がどっちかわからなくなる男性(48歳)は「右手は箸を持つほう」「右手は利き腕のほう」「右手は握るほう」と覚えているという。今回の発見により、右と左の英語を忘れる人が激減するのは間違いない。


もっと詳しく読む: 【衝撃事実】右と左が分からなくなった時の対処法がスゴイ / 日本人の音楽家が発見(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/03/01/right-and-left-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。