【悲報】LINEスタンプのモフ缶先生の愛猫クゥちゃん天国へ / チュールも食べず「クゥちゃんダメでした ごめんなさい」

モフ缶


LINEスタンプで絶大な支持を得ているアーティスト「モフ缶」先生が飼っている愛猫クゥちゃんが亡くなったようだ。モフ缶先生は自身の公式Twitterにて「クゥちゃんダメでした ごめんなさい」とコメント。クゥちゃんが天国へ旅立ったことを伝えている。

・モフ缶先生は愛猫たちの写真をネット掲載

クゥちゃんは小さな黒猫で、クリッとした眼がキュートなニャンコだった。モフ缶先生は自身の作品「泣きむしキィちゃん」「やさしいポンちゃん」「怠惰なウサちゃん」などと共に、飼っている愛猫たちの写真を掲載することがあり、ときおりクゥちゃんも登場していた。

・クゥちゃんが最近大人しくなってきて少し心配

モフ缶先生は、少し前からクゥちゃんの異変に気がついていたようだ。Twitterでは「クゥちゃんが最近大人しくなってきて少し心配」とコメントしており、おとなしくなったクゥちゃんの写真も掲載している。その投稿から3日後の2021年6月2日、モフ缶先生は「クゥちゃんダメでした ごめんなさい」と投稿。クゥちゃんが天国へ昇っていったことをネット上で伝えた。




・モフ缶先生の愛情をたっぷり受けて暮らしたはず

モフ缶先生はクゥちゃんの他界を悲しんでいるが、多くの人たちが励ましの声を贈っており、モフ缶先生も、クゥちゃんも、ほかの愛猫たちも、多くの人たちから愛されていることがわかる。クゥちゃんは天に召されたが、モフ缶先生の愛情をたっぷりと受けて暮らし、幸せだったに違いない。

・ポンちゃんとキィちゃんのLINEスタンプ

モフ缶先生は、キュートながらもジワジワと不思議な感情がこみ上げてくるキャラクターを描く天才だ。特にポンちゃんとキィちゃんのLINEスタンプは大人気。モフ缶先生のファンだという記者に感想を聞いたところ「モフ缶の真の魅力はカエルにあります。なぜかポンちゃんを狙って誘拐するのですが、なぜ誘拐するのかわかっていません。ただ、ウサギと同盟を組んでポンちゃんを狙っているのは確かなようです」と語っていた。

・クゥちゃんが幸せだったのは間違いない

人に楽しみと癒やしを与えてくれるモフ缶先生が描くキャラクター。そんなモフ缶先生と出会えて、一緒に家族として暮らしたのだから、クゥちゃんが幸せだったのは間違いないだろう。クゥちゃんの安らかな眠りを祈りたい。


もっと詳しく読む: 【悲報】LINEスタンプのモフ缶先生の愛猫クゥちゃん天国へ / チュールも食べず「クゥちゃんダメでした ごめんなさい」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/06/02/line-mofucan-kuchan-nyanko/

※冒頭画像はモフ缶キャラクターグッズより

marie

関西出身で歌うのが何よりも好きな20代女子