2022年の部屋選び調査!コロナ前より「家賃が高くても自分の好きな街に住みたい人」増加

ハウスコム株式会社が調査結果を発表


年代、時代、学校、仕事、そして気まぐれ、あらゆる要素によって住みたい部屋と地域に変化が出てくるものです。

・どんなポイントを重視してお部屋探しを?

近くにサウナがあるから、恋人が近くに住んでいるから、アニメの聖地になったから、映画館が近くにあるから、ラーメン二郎の店舗があるから、さまざまなお部屋選びのきっかけがあると思いますが、皆さんはどんなポイントを重視してお部屋探しをしているでしょうか。

・平均家賃が7086円もアップした

不動産会社のハウスコム株式会社が「ポストコロナの部屋選び」と題し、2022年度の部屋選びに関する調査を発表し、その内容が興味深いものとなっています。お部屋選びのポイントとして、なによりも「好きな街に住む」ことを重視する人がコロナ前より増加。さらに平均家賃が7086円もアップしたのだそうです。なかなかのアップ額ですよね。

・部屋選びとライフスタイルに関する調査

サウナが近くにあるから引っ越した、フィットネスクラブやジムがあるから引っ越した、など、賃貸物件選びには人によりこだわりがあるもの。皆さんにも、そんなこだわりがあるはずです。

ハウスコム株式会社は、2010年~2019年をコロナ前、2021年4月以降をポストコロナと定義し、賃貸物件に引っ越し経験のあるそれぞれ約600人を対象に「部屋選びとライフスタイルに関する調査」を実施しました。

・部屋の間取りは1Kが一番人気

調査結果によると、引っ越した(引っ越す予定)の部屋の間取りは1Kが一番人気。コロナ前は24.4%、ポストコロナでは24.1%が1Kを選んでいることが判明しました。どんなときでも1Kが人気のようですが、皆さんが住む部屋の間取りはどうでしょうか?

・コロナ前と比べて7086円も家賃増加

なにより興味深いのは、家賃にかけている費用。コロナ前は平均63912円だったのに対し、ポストコロナでは70999円に増額。コロナ前と比べて7086円も家賃にかける費用が増えています。どうして家賃アップという現象が? 一説として、「家賃が高くても自分の好きな街に住みたいという人がコロナ前より増加している」のが理由としてあるようです。

・もっとも重視している点は家賃

コロナ前とポストコロナ、引っ越しを検討したときに重視した部分に変化はあるのでしょうか? 調査結果によると、もっとも重視している点は家賃という結果に。ポストコロナで72%の人たちが家賃を重視しています。コロナ前も70.4%だったので、家賃が大きなポイントであることに変わりはないようです。

・日常生活を豊かにしたい考え

コロナ前とポストコロナで顕著に変化がみられたのが、「街の雰囲気」を重視する人がコロナ前は24.9%だったのに対し、ポストコロナでは35.1%にアップしている点。約10%もアップしているのは、日常生活を豊かにしたい考えがあるのかもしれません。

・防音性はとても大切なポイント?

ユニークなデータとして、賃貸物件検索のときにあるとうれしいチェックボックスは何か? を調査した結果も発表されました。インターネット上で物件を探す際、あると嬉しい項目ということですね。その結果、ポストコロナでは47.2%が「防音性が高い」という項目。

確かに、賃貸物件を内見したとしても、防音性について、体験して知ることは難しいかもしれません。それであれば、最初から防音性がある部屋であることを示すデータがあれば、借主にとって嬉しいのは間違いありません。「住んでみたら音が……」というトラブルが減ると思われます。

・料理が快適にできるキッチンは重要

また、「料理が楽しめる広いキッチンがある」ことがわかるように、チェックボックスに含めてほしい人がポストコロナでは28.1%もいることがわかりました。これはコロナ前の22.9%から大幅アップといえます。ポストコロナの生活において、自宅で過ごす時間が増えた影響でしょうか。

・日常生活の豊かさを重視した?

皆さんは、どんな考えを持って賃貸物件を探していますか? 記事の冒頭でも述べましたが、今回の調査によると「家賃が高くても自分が好きな街に住みたい」と考えている人の割合が、コロナ前では39.4%、ポストコロナでは43.6%という結果になったそうです。

家賃の高さで妥協せず、日常生活の豊かさを重視した考えといえるかもしれません。ポストコロナのなか自宅の滞在時間が長くなった影響があるかも?

・コロナが物件選びに大きな影響を与えている

賃貸物件の選び方は人それぞれ。しかし、時勢によって物件選びの潮流があるのも事実。そういう点を踏まえて今回のデータを考えてみば、コロナが物件選びに大きな影響を与えているといえるのではないでしょうか。皆さんは、これから引っ越すとすれば、どんな部屋に住みたいですか?



もっと詳しく読む: 2022年の部屋選び調査!コロナ前より「家賃が高くても自分の好きな街に住みたい人」増加(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2022/06/06/room-survey-results-news/

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。