【悲報】東京チカラめし消滅の危機 / ファンの声届かず「臭くて不潔で美味しくないの三拍子」「改善しない理由知りたい」

東京チカラめし


chikarameshi5

東京チカラめしは、2011年6月に突如として東京都にオープンし「焼き牛丼が絶品すぎる!」「うますぎる!」「ハマる!」と大絶賛されたファストフードチェーンだ。あまりにも絶賛されすぎて、一部から「吉野家を凌駕する存在になり得る」との声まで出ていた。

しかし、突如として味の低下が指摘されるようになり、どんどん人気が低下。2020年10月30日に池袋西口店が閉店することになり、残り5店舗という悲惨な状況に陥っている。

・ここまで立て直しができない店も珍しい

どうして東京チカラめしは味が低下してしまったのか? どうしてどん底まで落ちてしまった評判を復活させることができなかったのか? 東京チカラめしをオープン当時から取材し、食べ続けていた記者は「ここまで立て直しができない店も珍しい」と語る。かつて東京チカラめしマニアだった映画ジャーナリストの桃色のガンダルフ先生は、2017年の時点で以下のように語っていた。

・東京チカラめしマニアのコメント

<どんどん味と質が低下>
「そもそも「東京チカラめし」はオープンした当初が絶頂期。どんどん味と質が低下し、2013年には不評が広がって大幅に減益。外食業界からも消費者からも「吉野家を超えるエース」になると思われていたが、2017年現在、そんなヒーローっぷりは見る影も無い」

<何も食べないで我慢したほうがマシ>
「2013年ごろからメディアでも「東京チカラめし」の没落っぷりが報じられるようになり、その影響で「改善して復活するのでは」と思っていたが、むしろどんどん悪化。正直なところ「東京チカラめし」でご飯を食べるより、「何も食べないで我慢したほうがマシ」と思えるレベルの味。2017年9月、実際に「東京チカラめし」に出向いて接客と味を調査したが、愕然とするほど酷いありさまだった」

<布巾から洗濯物の生乾きのニオイ>
「まず布巾が汚い。雑菌が繁殖しているためか、布巾から洗濯物の生乾きのニオイがする。そんな不潔な布巾を使用しているため、店員がテーブルを拭くとニオイが広がり、むしろ拭かないほうが清潔という状況に」

chikarameshi3
chikarameshi2
chikarameshi1

<尋常ではない汚さ>
「客席でさえそんな不潔さなのだから、カウンター席の店員側はもっと汚い。タレなどの液体がベットリと付着しており、食欲が失せるほどの不潔さ。汚れ具合や経年劣化が店の味になることは多々あるが、単に不潔な店とは別物。尋常ではない汚さ」

<肉の食感もパサパサで美味しくない>
「ガッカリの極めつけは、オープン当初とはまったく別物と言っていいほど味も肉質も低下している焼き牛丼。酸味が強く、肉の食感もパサパサで美味しくない。オープン当初は薄めながらもジューシーな肉を使用しており、タレも濃いめながらヤミツキになる旨味があった。タレと肉の相性が抜群に良かったのだ。今はそれがない」

<酸味が強いだけのタレ>
「ちなみに、オープン当初は生卵が必須トッピングだったが、いまはオススメしない。生卵のまろやかな味が、肉の鋭い酸味を強調し、そのまま食べるよりも美味しさが低下する。当時は肉の美味しさを盛り上げるためのタレだったのに対し、いまは酸味が強いだけのタレになっている。安い肉のダメさを誤魔化すため、タレの酸味を強くしたのだろうか」

<非常に腹立たしい店>
「罰ゲームで行くならば理解できるが、それ以外で「東京チカラめし」に行く理由が見つからない。どうしてここまで落ちぶれたのか。オープン時の感動とドキドキ感と期待感を返してほしい。好きだったからこそ怒りがわいてくる。非常に腹立たしい店である」

chikarameshi4



・東京チカラめしが好きだった人たちが怒る

2011年に華々しくオープンした東京チカラめし。しかし2013年にはネガティブな状況に陥り、2017年になっても改善されず、ついに2020年に店舗が5店舗に減少。この件に関して、かつて東京チカラめしが好きだった人たちが怒るのも理解できる。

・どうして問題点を改善しなかったのか

東京チカラめしの悲惨な状況に関してグルメ記者は「改善しない理由を知りたい」と話していた。2011年のオープンから2020年の現在まで、かなり長い時間があったはずだ。そんな長い時間があったにもかかわらず、どうして問題点を改善しなかったのか。改善するべき点をひとつひとつ、時間があったのに改善しなかった理由、確かに知りたい。

chikarameshi6

・また感動を与えてくれる店に戻って欲しい

いまは散々な状況の東京チカラめしだが、かつては多くの人たちに受け入れられた人気の美味い店だった。一度やれたことなのだから、今から創業時の状況を再現してみるのもアリなのではないだろうか。

みんなに美味しさで感動を与えてくれた東京チカラめしに戻って欲しい。みんながそう思っているはずだ。多くの人たちが、復活を遂げるシナリオに期待している。だからこその厳しい声であることを忘れてはならない。


もっと詳しく読む: 東京チカラめし消滅の危機 / ファンの声届かず「臭くて不潔で美味しくないの三拍子」「改善しない理由知りたい」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/27/tokyo-chikara-meshi-heiten-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。