【映画ニュース】マトリックス レザレクションズを観る前に絶対知っておきたい知識9つ

The Matrix Resurrections



映画「マトリックス レザレクションズ」(The Matrix Resurrections)が、ついに2021年12月17日から日本公開される。一部の劇場では2021年12月16日の深夜から上映される予定で、多くのファンが注目している。

・物語としては時系列的に続いている可能性

前作「マトリックス レボリューションズ」から約18年ぶりの新作となるが、物語としては時系列的に続いているといわれているものの、真相は公開まで不明なままだ。そこで今回、「マトリックス レザレクションズ」を観る前に絶対知っておきたい知識を9つご紹介したいと思う。それにより、より作品が楽しめるかもしれない。

・マトリックスレザレクションズを観る前に絶対知っておきたい知識9つ

1. マシンと和解前の世界は曇り空
すべての「マトリックス」シリーズにおいて、マシンのボスであるデウスエクスマキナとネオが和解する前のマトリックス世界では、空が曇りとなっており、快晴もなければ晴れ間もない。しかし和解後は日差しのある晴れのシーンがあり、マシンと人類の関係性が良好な状態にあることを意味する。つまり、日差しすらない曇り空の場合はマシンと人類の関係性が良好ではないことを意味する。

2. 赤はリアルで青はマトリックス
「マトリックス」シリーズ全般において、赤はリアル世界、青はマトリックス世界(仮想現実)を意味、示唆、暗示している。ネオが飲んだカプセルだけに留まらず、頭髪、メガネ、タトゥ、アクセサリーなど、さまざまな部分において赤と青が配色されており、リアル世界とマトリックスのどちらにバイアスがあるか読み解くことが可能。

3. 日本文化のマトリックスも存在する
最新作「マトリックス レザレクションズ」にも日本文化の世界が登場するが、マシンとの和解前から日本文化の世界がマトリックス内に構築されており、培養された人たちが現実世界だと信じて疑わないまま過ごしていた。ただし、そこに現れるエージェントたちは世界共通のスーツ男だ。この日本文化の世界は「アニマトリックス」でも描写されている。

4. 肉体的限界を超えてもマトリックスから抜け出せる
メンタル的にマトリックス世界であることを理解したり、脱出プログラム(赤いカプセル)を取り入れたり、脱出回線と繋がるなどしなくとも、人類はマトリックス世界から脱することができる。肉体的鍛錬を積み重ね、本来は到達できない数値にまでパラメータを上昇させることで一種のバグを引き起こし、マトリックス世界にアノマリーを発生。現実世界への扉が開かれる可能性が示唆されている。ただし、そのような個体は基本的にエージェントにより抹消またはリブートされる。


5. マシン側にはプログラム体とマシン体がある
マトリックス世界はリアル世界のマシンシティのサーバーにて管理されている。マトリックス世界にはプログラム体としてメロヴィンジアンやパーセフォニー、キー・メーカー、エージェントなどがおり、マシンとしてのリアルな体は持っていない。しかし、マシンシティには数多くのマシン体が生活しており、マシン側にプログラム体とマシン体の2種類があることがわかる。

一部では「デウスエクスマキナ(マシン体)とアーキテクト(プログラム体)は同一の存在なのでは?」との情報もあるが、現時点では不明なままであり、「マトリックス レザレクションズ」など今後の続編で判明するかもしれない。

6. プログラム体は人間に上書き保存可能
マトリックス世界においてプログラム体が人類を乗っ取った場合、記憶や性格を上書き保存することができる(もとの人格はほぼ消える)。そのままマトリックス世界で「なりすまし」として行動できるが、上書き保存した状態でリアル世界に精神を移行させた場合、プログラム体が人間としてリアル世界で行動することができる。リアル世界で命を落としたとしても、マトリックス世界にバックアップ体やコピー体があればプログラム体自体が消滅することはない。

7. ネオの念力は超能力であって超能力ではない
ネオはリアル世界においてもマトリックス世界のような超能力的パワーでセンチネルを破壊した。それにより多くのファンは「ネオが現実世界でも超能力を使えるようになった」「マトリックス世界の能力をリアル世界にもってきた」と思ったようだが、ネオのその力は我々が想像するオカルト的な超能力とは違う可能性があるとされている。

ネオがリアル世界でセンチネルを破壊したエネルギーは超能力としてダイレクトにダメージを与えたものではなく、マトリックス世界と肉体的につながっているネオがマトリックス世界のサーバーを介してマシンシティ経由でセンチネルにダメージを与えたともいわれている。つまりインターネットでの遠隔操作に近い手法だ。

8. ネオはデウスエクスマキナによってマトリックスに戻された
「マトリックスレボリューションズ」のラスト、エージェントスミスをマトリックス世界で倒したネオはリアル世界で生死不明な意識のない状態に。そのネオの肉体はデウスエクスマキナによって回収され、マシンと人類が和解。アーキテクトは人類を開放することを示唆した。

大多数の人たちの見解としては、ネオはデウスエクスマキナとアーキテクトの手によりマトリックス世界に戻され、記憶をなくしたまま生活していると考えられているようだ。肉体的に失明した状態のネオがマシンシティで治療されているかどうかは不明である。また、ネオがマシンシティでマシンの体を手に入れ、マシンと人類の中間的存在になっている可能性もあるとされている。

9. ネオとトリニティが亡くなっている可能性
実のところ、ネオとトリニティが「マトリックスレザレクションズ」の時点で生存しているかどうかも不明である。マトリックス世界では、すでに他界した人類のデータをプログラム体として生かすことが可能かもしれないからだ。「マトリックスレボリューションズ」でのエージェントスミスとの戦いで、ネオは心身ともに致命的ダメージを受けている可能性がある。

少なくともトリニティはすでに他界しており、マトリックス内に存在するトリニティはプログラム体だけという考察もあるようだが、その答えは「マトリックスレザレクションズ」にあるかもしれない。


・「新たなマトリックス」が体験できるはず

1999年公開の「マトリックス」、2003年公開の「マトリックスリローデッド」と「マトリックスレボリューションズ」、そして2021年公開の約18年ぶりの新作「マトリックスレザレクションズ」。あまりにも奥が深すぎる展開に衝撃を受ける人が多そうだが、このインターネットにどっぷりと浸かった2021年の世界だからこその「新たなマトリックス」が体験できるかもしれない。

・トレインマンが最強で最高に良すぎる

ちなみに、すべて試写会や先行上映で鑑賞しているというディープなマトリックスマニアに好きなキャラクターを聞いたところ「セラフ、キーメーカー、ミフネ、トレインマンが最強で最高に良すぎる」と話していた。あなたがお気に入りのキャラクターはいるだろうか。


もっと詳しく読む: 【映画ニュース】マトリックス レザレクションズを観る前に絶対知っておきたい知識9つ(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/12/15/the-matrix-resurrections-secret/

執筆: 桃色のガンダルフ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

桃色のガンダルフ

映画館は au マンデイで行くことが多いです(笑)。映画館だと大作の多いSFに偏りがちですが、Netflix、Amazon プライムでは幅広く!それなりの間、映画ライターとして記事を書いてきました。Filmarks にも投稿してますので、よろしければ!