【大事件】女性を殴りながら作ったラーメン写真公開 / 傷害容疑でラーメン店「中華そば 堀川」店主逮捕

中華そば 堀川



・傷害容疑で逮捕のラーメン店「中華そば 堀川」店主

ラーメン店「中華そば 堀川」の店主が、2021年11月30日に傷害容疑で逮捕された。従業員として働く女性を執拗に暴行し、2日間で200発以上も殴る蹴るの凶悪な行為を続けていたという。

・店内で暴行とモラハラと暴言が繰り返される

ラーメン店「中華そば 堀川」の店主は、2021年8月にマッチングアプリで女性と出会った。ふたりに男女の関係があったかどうかは不明だが、2021年9月3日から女性は「中華そば 堀川」で働くことになり、その店内で暴行とモラハラ、脅しなどが続けられた。

・暴行のショックでPTSDを発症

女性は初出勤日の2021年9月3日に高圧的な説教や暴言を受けながら接客。閉店後も執拗に高圧的説教を受け続けたようだ。そして2021年9月5~6日の2日間、女性は営業中も閉店後も暴行を受け続け、全治3週間の顔面打撲だけでなく、暴行のショックでPTSDを発症したという。

・女性を殴りながら作ったラーメン写真公開

店主が女性を暴行しながら作ったラーメンの画像がインターネット上に掲載されていることが判明した。そのラーメン画像は2021年9月3日、4日、5日にTwitterに投稿された一般客のもので、まさか店主が暴行しながら作ったラーメンとは気が付いていないようだ。

<2021年9月3日 女性に高圧的説教しながらラーメンを作った日>

<2021年9月5~6日 女性を暴行しながらラーメンを作った日>








店主から女性が高圧的な説教や暴行を受け続けた2021年9月3日、4日、5日、いずれの日もラーメンを食べた客は「スープがめちゃうま」「味玉の味染みがたまらなくうまい」「醤油ラーメンの頂点って感じ」「丁寧な味」などと、デキに対して高評価を与えているようだ。

・暴行ラーメンを食わされた客も被害者なのでは

今回の事件、いちばんの被害者は店主から暴言を吐かれ、執拗に暴行を受けた女性であることは間違いない。しかし、女性を殴りながら作ったラーメンを食わされた客も被害者といえるのではないだろうか。暴行しながら作ったラーメンを食べたい客がいるだろうか。

・飲食店としての再起は不可能に近い

ミス、炎上、事件であっても、再起可能なパターンと、再起不能リタイアとなるパターンがある。今回のラーメン店「中華そば 堀川」店主による事件は、あまりにも非道、あまりにも無慈悲な行為であり、人気のラーメン店や飲食店としての再起は不可能に近いのではないだろうか。

ちなみにいま、「中華そば 堀川」のGoogleぺージやグルメサイトの紹介ページが大炎上している。いつかまた、この店主がラーメンを作る日がやってくるのか。大きな注目が集まっている。


もっと詳しく読む: 【大事件】女性を殴りながら作ったラーメン写真公開 / 傷害容疑で逮捕のラーメン店「中華そば 堀川」店主(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2022/01/26/ramen-horikawa-taiho-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。